ダイエットに効率の良い食事制限の仕方

ダイエットを始める場合に大事なのは適度な運動と食事制限です。
この2つを長期間続ける事が出来なければ健康的に痩せると言うのは困難になります。
しかし運動も食事制限も辛くて続かないと言う方が多いのが現状ではないでしょうか。
続かない方には特徴があり極端な食事制限をしている方が多いのです。
短期間で成果を出したいために無理をしていると言う事です。
そんな方法は逆に不健康になってしまう恐れもありますし、リバウンドしやすい体質になってしまう可能性もあります。
痩せるにはある程度の期間をかけて体質を変えていく事が成功の秘訣です。
食事制限と言えば好きな物を我慢して低カロリーな物ばかり食べると言う印象ですがそれだと続きません。
例えばカロリーの高い揚げ物や肉類、甘いものやご飯を全く食べないと言う方がいますが、減らせばよいのであって食べてはいけないと言う事ではないんです。
食べ方を工夫すればよいのです。
調理法もそうですが、食べる順番に気を付けてみると効率が良くなります。
ご飯の前に野菜を食べると言うのはもはやダイエットの常識となっていますが食事のあと自分が何をするかによってメニューを組み合わせます。
例えば朝は活動の為にエネルギーが必要なのでご飯などの炭水化物を食べます。
夜は筋肉を作る元となる肉や魚などのタンパク質源となる物を食べます。
朝は油ものや肉類は控え、夜はご飯などの炭水化物を控えると言う認識で進めてみてはどうでしょう。

▲ページの先頭へ